公益財団法人 久留米市都市公園管理センター

事業内容・沿革

事業内容・沿革

レクリエーションの場としての動物園事業

鳥類センターでは、「見せる」だけの動物園から、「ふれあい」のできる動物園として、ふれあいコーナーの設置、リクガメの園内散歩(冬季除く)、フラミンゴ、リスザルへの餌やりなど、来園者に喜ばれる企画を通し、小さいお子様から、お年寄りまで、幅広い方々のご来園をお待ちしております。

【入園者数の推移】

単位:人

年度 一般 団体 無料 合計
平成21年度 47,435 5,949 44,260 97,644
平成22年度 41,455 4,832 41,176 87,463
平成23年度 43,085 4,305 39,879 87,269
平成24年度 47,024 5,589 44,708 97,321
平成25年度 45,800 5,137 39,172 90,109
平成26年度 49,169 5,644 43,280 98,093

【飼育動物数】

(平成26年3月末現在)

種類 種類数 点数
鳥類 75種 431点
(うちクジャク) 119点
哺乳類 7種 120点
爬虫類 3種 15点
合計 85種 566点

傷病野生鳥獣医療所

福岡県内(主に筑後地方)で保護された野生動物の保護をしております。

怪我・病気など、お持込みいただいた動物を保護いたします。

(ただし、野生の鳥のヒナはできる限り、そっとしておいてください。(下記参考リンクをご覧ください。))

保護した動物は、適切な処置の後、放鳥いたしますが、お持込み後のお問い合わせは一切できませんので、ご注意ください。

【福岡県指定 傷病野生鳥獣医療所】

施設名 住所 連絡先
久留米市鳥類センター 久留米市東櫛原町中央公園内 0942-33-2895
福岡市動物園 福岡市中央区南公園1-1 092-531-1968
大牟田市動物園 大牟田市昭和町163 0944-56-4526
アミノ動物病院 直方市大字畑300-6 0949-25-8118

教育の場としての役割

◆移動動物園 教育普及活動の一環として、久留米市内の幼稚園・保育園などに、ふれあい動物の出張を行っております。ウサギやモルモットなどとのふれあいを通して、子供たちの動物を愛する気持ちを育みます。
小学校では、道徳の授業等にご利用いただいております。1.開催時期
毎年3月~6月、10月~11月の火曜日・木曜日に実施
原則10時00分~11時00分
2.申込方法
電話にて予約(予約順の受付となります)
3.費用
動物の搬送費用として1,000円を承ります。
◆職場体験学習受入 学校教育の一環として、鳥類センターにおいて職場体験することにより、勤労観や職業観を身につけていただき、将来の生き方や進路を考えてもらい、社会に対応できる職業人としての資質育成を目的として、久留米市近郊の中学校、高等学校の生徒を対象に飼育作業の体験の場を設けております。1.実施期間
原則2日間
2.受入人数
2名まで
3.申込方法
事前に電話にて日程を調整後、依頼文書を送付願います。
依頼文書到着後、承諾書を送付致します。
※受入可能件数に限りがありますので、お早めにご相談<ださい。

種の保存事業

ワシントン条約附属書Ⅰ~Ⅲに掲げられた動物を飼育し、繁殖に力を入れております。
※ワシントン条約 :正式名「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」

●附属書Ⅰ類 絶滅のおそれのある種で取引により影響を受ける種。附属書Ⅰに掲げられた種の商業目的のための国際取引は全面的に禁止。(学術研究目的のための取引は許可を得て可能)

鳥類センターで飼育中のⅠ類

オオバタン マナヅル コサンケイ ハヤブサ
サンケイ タンチョウ キエリボウシインコ ニジキジ
●附属書Ⅱ類 必ずしも絶滅のおそれのある種ではないが、その種の存続を脅かすような利用を制限される種。商取引に際して、輸出国の輸出許可書が必要。

鳥類センターで飼育中のⅡ類

ケープペンギン ツル科全種
(ホオジロカンムリヅル)
エボシドリ属全種
(オウカンエボシドリ)
セイラン
オウム目全種
(ダルマインコ)
ツル科全種
(クロヅル)
エボシドリ属全種
(ムジエボシドリ)
ハイイロコクジャク
オウム目全種
(ルリコンゴウインコ)
ツル科全種
(オオヅル)
フラミンゴ科全種
(ベニイロフラミンゴ)
フラミンゴ科全種
(チリーフラミンゴ)
オウム目全種
(ルリゴシボタンインコ)
オウム目全種
(ベニコンゴウインコ)
ショウジョウトキ マクジャク
レア フクロウ目全種
(シロフクロウ)
タカ目全種
(トビ)
タカ目全種
(ノスリ)
サイチョウ属全種
(ギンガオサイチョウ)
フクロウ目全種
(ホンドフクロウ)
タカ目全種
(オオタカ)
●附属書Ⅲ類 世界的には絶滅のおそれが小さいが、条約締結国内では保護を必要とする場合、他の締約国に商業目的のための国際取引の禁止について協力を求める種。輸出国の輸出許可書又は原産地証明書等が必要。

鳥類センターで飼育中のⅢ類

アカハシリュウキュウガモ
(ホンジュラス)

沿革

「鳥類センターのあゆみ(ayumi.pdf)」を表示する

主な久留米市の公園 リバーサイドパーク 鳥類センター 流水プール 長門石ゴルフ場 城島ゴルフ場